コロナ禍での転職状況ってどうなの?アラサーの転職活動

ビジネス
Pocket

こんにちは!ふじぼうです。
新型コロナウィルスの影響は計り知れなく、まだまだ猛威を振るっております。

あなたの会社やあなた自身はどうですか?

こんな状況なので、
会社の経営がやばい。。。 自分の仕事がいつまであるのかわからない。。。 派遣切りになってしまった。 会社をクビになってしまった。 などなど。。

IT業界に勤めているなど、コロナウィルスの影響をそこまで受けていない。もしくはむしろ成長している。といった業界以外は大ダメージを受けたのではないでしょうか?

かくいう私もそうです。 仕事には影響は無く、コロナ前と後では仕事量はそこまで変わっておりません。 ただ、会社自体は他の事業もやっているので大ダメージ。6人が退職に追いやられました。。。


そんな状況下なので、私もこの仕事を続けていく方がいいのか?と迷い、転職活動をスタート。
そして活動期間約1ヶ月年収を60万アップさせて無事に内定を頂けました。
さて、現在の転職活動はどのように変化してきているのか?どうやって内定までいったのか。そこを述べていきます!

転職市場ってどうなの?
〜そもそも現在の転職市場はどうなっているのか?〜

以前までは超売り手市場で、求人もたくさんありました。 転職もしやすい時代だったと思います。
ただ、このコロナウィルスの影響を受け変化してきています。
どんな変化が起きているかというと、、、

・バックオフィス(事務系)の仕事の求人が激減
・未経験者OKの求人の減少
・採用基準の格上げ

・採用に慎重となった為、結果がわかるまでに時間がかかる

上記が挙げられるでしょう。
当然ですが、社員が外に出る機会が減ったので、事務作業を代わりに行う人が増えたり、人員削減しやすい仕事なので不景気の影響をモロに受けています。
未経験からの仕事も激減。1から育てるほどの余裕がなくなってきたためです。なので、転職活動するにあたっても、今までの経験を生かした即戦力がより求められる状況に。
人員を多く雇う余裕もなくなったので、採用基準も以前より上がっています。
書類選考の時点で1週間くらいかかるケースもあり、慎重になるに伴って時間がかかるケースが多いです。

じゃあ、マイナス面ばっかりじゃん!
どうすりゃええのよ!!


って感じだと思いますが、
ただ、全体が不景気というわけではないので、リーマンショック時に比べればまだまだ保てているので、悲観し過ぎなくて良いのかと!

っとまぁ現在の転職市場の状況を述べてみました。 市場全体で見れば落ち込んできてますが、
求人が無いというわけではないのでまだまだ転職をするチャンスはありそうです!

むしろ今後の事を考えると、今がラストチャンスかなと。 冬にウィルスが蔓延する可能性が高い中、ますます不景気になる可能性が高い為。採用は景気に左右されますので。
まだ落ちきっていない今こそが転職のチャンスと言えます!

転職しようと思った理由

私ふじぼうが転職をしようと思ったきっかけですが

・今やっている仕事がコロナの影響をまぁまぁ受けてる

・ベンチャー企業で安定性が無い ・会社の上が社内に目を向けていない

という、まぁ当然っちゃ当然の内容ですねw


今回転職するにあたり、「転職の思考法」という本を読んだのですが、考え方という点で本当に参考になるので、これから転職をしようと言う人、転職しようかなと思っている人は必読の本です。

その中で、会社を選ぶ基準が書かれています。

・中途採用を生かす文化があるかどうか

・自分の強みが会社の強みと合っているのか

・これから伸びていく業界なのか

この基準に今の会社が当てはまっているか?

これから選ぶ会社は該当するか?

というのは大事なところです。そんな基準を持って転職活動に望みました。まさしくこの本をきっかけに転職しようと思いたったので読まなかったらそのままだったかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
悲観的な部分も多いことと思いますが、そんな状況下でも1ヶ月で転職できました!
しっかりと現状を捉え、活動をすることで確実に転職することは可能です!
自分が何をしたいのか、何を求めているのか?整理をして取り組むことが重要です(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました