北海道のインスタントラーメンと言えばコレ!オホーツクの塩ラーメンと毛蟹のみそラーメン!

ラーメン

Pocket

こんにちは!ブログにラーメン記事ばかり書いていたら明らかに食べる量が増えたふじぼうです。

さて、今回は前回購入してきたインスタントラーメンを食べたので、そちらを紹介していこうと思います!
※前回の記事はコチラ

オホーツクの塩ラーメン

まずはオホーツクの塩ラーメン。

オホーツク!ってネーミングだけでも食欲をそそられますが、そもそも「オホーツクの塩」ってなに?って感じになると思うので、調べてみると。。。

厳冬流氷接岸する氷の海から汲み上げた海水を

オホーツクの山々から切り出されるカラ松で焚き

ひたすらに数日かけてじっくり、じっくりと煮詰めてゆきます

手間暇かけた「オホーツクの塩」は

こうして出来上がります

株式会社つららHPより(https://tsurara.jp/)

とのこと。まぁ、つまり手間暇かけて丁寧に作られた塩。ってことですね。

さて、開封するとこんな感じでシンプル。

そしてスープは醤油に近い色ですね。スープのお湯の量には注意が実用で400mlっとちょっと多めなんです。後から紹介するラーメンよりもお湯の量が多いので、作る際は注意!

麺を入れて実食!

麺がしっかりとコシがあって美味しい!スープもコクがあるので、THE塩ラーメンって感じとはまた違って味に深みがありますね^^

さすが1食400円程するラーメンだけあって、美味でした。
※店舗のラーメンランキングでも2位と、とても人気のある商品であることがわかります。


毛がに 味噌ラーメン

どーんと蟹のイラストが入ったインパクトのあるパッケージ

中味はオホーツクの塩ラーメンと同じく、シンプルな内容。

この商品はとにかく毛蟹のにおいがものすごい!スープの袋を開けた瞬間から香るカニの匂い。。。
スープをお湯で溶かすとさらに辺り一体にカニの匂い。カニカニカニなラーメンと言えるでしょう。

麺を入れて実食!

インパクトは抜群です。
味はというとパッケージに記載の通り蟹味噌の味と香り。

あぁ蟹味噌でラーメンをつくるとこんな感じなのね、ってある意味感動できるラーメンです。

スープももちろん、そして麺もインスタントラーメンとは思えないくらいコシがしっかりしています。
インスタントラーメンの麺ってわりかし柔らかいのが多いのですが、これはちがいました。
茹で時間も5分ほどという事で通常よりも長く、生麺と同じくらいの長さなので、コシがしっかりしているのも納得。

オホーツクの塩ラーメンも同様の湯で時間なので、コシがしっかりしてましたね。


まとめ

いかが’でしたか?

ちなみにデザインが似てるので気づいた人がいると思うのですが、実は二つとも同じ会社が作ってるんです!

インスタントラーメンという特徴を持ちながら、従来のインスタントラーメンの味を超えてくるのは最近のインスタントラーメンはとても進化しているなぁと感じました。

先日はマツコの知らない世界でも取り上げられていたので、ますます盛り上がってくるかもしれませんね・・・・!!

改めてインスタントラーメンの魅力を知ったふじぼうなのでした。。。

ではでは。


コメント

タイトルとURLをコピーしました